Orchestra Conductor ,Tomohiro Okada
日々のこと、その他色々をあてもなく・・・


プロフィール

Tomohiro Okada

Author:Tomohiro Okada
指揮者 岡田友弘

 1974年秋田県出身。秋田県立本荘高等学校卒業後、中央大学文学部文学科ドイツ文学専攻卒業。その後、桐朋学園大学音楽学部において指揮法を学び、渡欧。キジアーナ音楽院大学院(イタリア)を研鑽の拠点とし、ウィーン国立音楽大学、タングルウッド音楽センター(アメリカ)などのヨーロッパ、アメリカ各地の音楽教育機関や音楽祭、講習会にて研鑚を積む。2001年ブザンソン国際指揮者コンクール入選。指揮法を尾高忠明、高階正光、久志本涼、ジャンルイージ・ジェルメッティの各氏に師事。またクルト・マズーア、ベルナルト・ハイティンク、エド・デ・ワールトなどのマスタークラスに参加し、薫陶を受けた。

 これまでに、東京交響楽団、セントラル愛知交響楽団などをはじめ、各地の主要オーケストラと共演するほか、数多くのアマテュア・オーケストラや吹奏楽団の指導にも尽力し、地方都市の音楽文化の高揚と発展にも広く貢献。また、児童のための音楽イヴェントにも積極的に関わり、マスコットキャラクターによって結成された金管合奏団“ズーラシアン・ブラス”の指揮者も務めた。

 彼の指揮者としてのレパートリーは古典から現代音楽まで多岐にわたり、ドイツ・オーストリア系の作曲家の管弦楽作品を主軸とし、ロシア音楽、北欧音楽の演奏にも定評がある。また近年では、イギリス音楽やフランス音楽、エストニア音楽などにもフォーカスを当て、研究を深めている。また、各ジャンルのソリストとの共演においても、その温かくユーモア溢れる人柄と音楽性によって多くの信頼を集めている。
 国際エドゥアルド・トゥビン協会会員。



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2012年2月11日 まるっと鳥海ジョイントコンサート
「まるっと鳥海 ジョイントコンサート」

2012年2月11日(日) 酒田市民会館希望ホール(山形県酒田市) 座席数1287席

こちらは、吹奏楽の演奏会。

山形県と秋田県の県境にそびえる、東北第2の高峰「鳥海山」。
その山を挟んで位置する、山形県酒田市、秋田県由利本荘市、秋田県にかほ市で活動している3つの吹奏楽団のジョイントコンサート。今回が第1回目でした。

当日は雪が降ったりやんだりのあいにくの天候でしたが、多くのお客様においでいただきました。
コンサート内容は、各団体の単独ステージと三団体の合同ステージ。

やはり大編成の吹奏楽は迫力と表現の幅は、小編成とは異なりまた違った醍醐味がある事を再認識しました。

コンサートは事故がつきもので・・・今回は急遽本来の指揮者の先生が指揮するはずの曲を指揮する事になったり、自分の担当する曲でまさかの振り間違え・・・まだまだメンタルが弱いなぁと反省してます。

演奏会の運営に関して一番印象に残ったのは、酒田吹奏楽団さんの「おもてなしの心」。共同開催とはいえ何から何までお世話になり、大変感銘を受けました。

次回は由利本荘市での開催。今度はホストとして、おもてなしの心を忘れずにお客様にも、他団体のみなさんにも気持ちよく帰っていただくコンサート運営が出来たらと思います。

次回は12月開催です。こちらも、後日詳細を・・・。

余談ですが、余りにも楽しかったので、打ち上げでは泥酔し、皆様にはご迷惑をおかけしました・・・。いつもいつも懲りない僕です・・・。

スポンサーサイト

2012年3月3日 平成23年度 大東文化大学管弦楽団 定期演奏会
「大東文化大学管弦楽団 平成23年度定期演奏会」

2012年3月3日(土) 川越市民会館やまぶき会館中ホール(埼玉県川越市)座席数508席

曲目:管弦楽組曲第3番BWV1068より アリア(J.S.バッハ)
   交響曲第35番 ニ長調 K.385「ハフナー」(W.A.モーツァルト)
   ヴァイオリン協奏曲 ニ長調 op.61(L.v.ベートーヴェン)

独奏 小泉百合香

僕が指揮をさせていただくようになり4年目。昨年は3月12日の公演だったのですが・・・前日の震災により中止に。2年越しの開催となりました。

以前にブログでも書きましたが、ひた向きに一生懸命演奏する姿には僕自身、演奏家としての原点を見るような気がして気持ちを新たにする事の出来る団体です。反応も素直で、ぼくも間違った事が出来ないなぁ・・・と変な緊張が(笑)

そんな楽しく新鮮な雰囲気での演奏会も、彼ららしい「爽やか」な演奏会となりました。シューベルトの5番からはじまり、モーツァルトへの挑戦・・・そしてバッハ、べートーヴェンへ・・・3年あまりでここまで成長するとは。みんなの努力と、作品の力によるものだと思います。

ソリストの小泉さんもヴァイオリンの演奏は言うまでもなく、人柄も素晴らしく気持ちよく共演できました。今度は別のコンチェルトですね!と終演後に少しお話を・・・(笑)

バッハ、ベートーヴェンと来たら・・・ドイツ3大Bの残り一人・・・。

近い将来、きっとお客様の前で響かせる事が出来るでしょうか?

来年も3月に演奏会が行われます。詳細はこれまた後日。

駆け抜けるように、いくつかの演奏会のご報告をさせていただきました(笑)

今後も色々なコンサートで皆様のお目に(お耳に)かかります。
演奏会のご案内も含めて、少しは音楽の事、趣味の事、つまらない事を書いていこうと思いますので、たまに覗いてみてください。そして、是非コンサートに足をお運びください。終演後の楽屋にもどんどん押し掛けてきてください!(笑)

Facebook、twitterでもお知らせしていきますので、よろしくお願いします!

2012年2月19日 秋田なま☆はげオーケストラ 第5回公演
「秋田なま☆はげオーケストラ 第5回公演」

2012年2月19日(日)秋田市文化会館 大ホール(秋田県秋田市)座席数1188席

曲目:アルメニアンダンス パート1(管弦楽編曲版)(A.リード/中原達彦)
   ヴァイオリン協奏曲第1番 ト短調 op.26(M.ブルッフ)
   交響曲第2番 ホ短調 op.27(S.ラフマニノフ)

独奏 藤村政芳(コンサートマスター)

秋田県内では「若い」オーケストラですが、名前とプログラミングで少しずつ知名度を上げてきたオーケストラ(笑)の第5回目の公演。毎年やっているので「定期」なのですが・・・。

第4回までは前団長で現名誉団長のインパクトある風貌と、端正かつ繊細ななかロマンティシズム溢れるピアノ独奏でお客様を魅了してきましたが、今回は仕事等の都合で彼が秋田を離れ初めての公演でした。

そのため僕自身も内外に不安を抱えた中での公演となりましたが、メンバーのチームワークとたゆまない努力と熱意により、非常に充実した公演になりました。

そして「協奏曲という目玉は外さない!」という旗印のもと、コンサートマスターでもある藤村さんに協奏曲のソロまでお願いし、本当に物心両面からご苦労をおかけしてしまいました。

コンサートマスターとしてももの凄いエネルギーでオケを鼓舞し、引っ張っていく姿にはいつも感服しておりますが、それは協奏曲においても変わる事なく、充実した時間となりました。今後ともよろしくお願いシマス!

アンコールではアンダーソンの「タイプライター」を名誉団長の「独奏」でお送りしました。これがまた名演!
これで世界的なタイプライター奏者としての活躍も期待できる事でしょう。

短期決戦の色合いも濃かったこのオーケストラですが、直前の仕上がりの良さと充実度は、今回から定期的に練習をするようになった事が大きく影響していると思います。今後一層、演奏の質を高めていけたらと思っておりますので、応援よろしくお願いします。

打ち上げは・・・前週の反省を生かして泥酔する事もなく楽しく終える事が出来ました。2次会ではまさかのカラオケ大会。首席オーボエの方の「ヤマト」の秀逸さ、コンマスの「Mr.サマータイム」!指揮者とコンマスの共演は「いい湯だな」(笑)。普段は伺い知れない一面を見られて貴重でした。

次回公演も決定してますが、詳細決定までしばらくお待ちください。

2012年2月4日 ほりほりオーケストラ 第14回定期演奏会
随分と日が空いてしまいました・・・。

この2月からの主な演奏会の報告をしていきたいと思います。
これを機会に、定期的に更新していきたいです。

では、演奏会報告第1弾

「ほりほりオーケストラ 第14回定期演奏会」

2012年2月4日(土) さいたま市文化センター(南浦和)座席数2006席

曲目:オベロン序曲(C.ウェーバー)
   交響曲第4番 イ長調 op.90(F.メンデルスゾーン)  
   ピアノ協奏曲第2番 ハ短調 op.18(S.ラフマニノフ)

ピアノ独奏 秋場敬浩

当日は天候にも恵まれ、たくさんのお客様においでいただきました。ほりオケは地域を大事にし、丁寧できめ細かい広報活動の甲斐もあり、いつもたくさんのお客様に来ていただいているのですが、今回は最高記録を更新!ひとえにオケのメンバーの情報宣伝活動と、人気のある曲目のプログラム、そして何よりもソリストの秋場さんのおかげだと思います。

ラフマニノフのコンチェルトは何度か指揮しておりますが、今回はソリストとの濃厚な共同作業により、この曲に内包される音楽のエッセンスやメッセージ『ラフマニノフ語』をより深く、演奏に反映できたと思います。指揮者としては緊張感と神経を使うコンチェルトは刺激的な反面、時に憂鬱でもありますが(笑)。

秋場さんとは、他のコンチェルト、他のオーケストラ(もちろんほりオケも大歓迎!)と再びご一緒できる事を秘かに願いつつ、次回の共演までには僕もいろいろと地力を着け、充実した状態になるように精進せねばと、気持ちを新たにした演奏会でもありました。

ほりオケ、次回は8月、チャイコフスキーの4番、ストラヴィンスキーの《火の鳥》ほか。
演奏会のお知らせは、また後日。

演奏会のご案内
大東文化大学管弦楽団 定期演奏会

日時:平成24年3月3日(土)
   開場:13:30
   開演:14:00
場所:川越市市民会館(中ホール)
   やまぶき会館 アクセスhttp://www.city.kawagoe.saitama.jp/shisetsu1/kokyo/shiminkaikan.htm

曲目:管弦楽組曲第3番 BVW1068より「アリア」(J.S.バッハ)
   交響曲第35番「ハフナー」 K.385(W.A.モーツァルト)
   ヴァイオリン協奏曲 ニ短調 op.61(L.v.ベートーヴェン)

ヴァイオリン独奏:小泉百合香
指揮:岡田友弘

入場は無料です。

4年前から指揮をさせていただいております。
年を重ねるにつれ、成長していくオーケストラに関われるということはとても大きな喜びです。
音楽が好きで、人間との関わり合いが好きな普通の大学生。
経験者、初心者が良い意味で融合し、ひとつの演奏会に向けて取り組む姿はとても爽やかです。

大学のカラーなのでしょうか、一生懸命で、素朴で、真面目なメンバーばかり。

この演奏会、実は昨年の3月12日に開催される予定だった演奏会が、3月11日の大震災で中止になり、2年ぶりの開催です。2年分の、いや、それ以上の「想い」を込めて演奏いたします。

ここのオケは団員数の関係もありますが、古典派の楽曲を取り上げることがほとんどで、僕も原点に返り、クラシック音楽の醍醐味を味わってます。

バッハ、モーツァルト、ベートーヴェン!

彼らが今も演奏され続けている意味を実感してます。
音楽のもつ「力」の強さ、大きさを感じますね。

技術的にはまだまだ、というところもありますが、ここのオーケストラを指揮して思うのは・・・

「オーケストラは個人の技術ではない、ましてや知識だけではない。」ということ。

「気持ちの集合体」なのだと思い知らされます。

この間に終了したコンサートのことなどは、日を改めて。






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。